PAGETOP

活動ブログ

間人皇后.聖徳太子母子像

  • 2020.06.27
  • 地元
間人皇后.聖徳太子母子像
丹後にこのような歴史が!
間人(たいざ)という地名のルーツです。
京都府観光ガイドより→
6世紀末、聖徳太子の母で、用明天皇の后の穴穂部間人皇后が、蘇我、物部氏間の戦乱からこの地に逃れ住み、乱がおさまった後、都へ帰る時に里人へ感謝の念を込め自らの名「間人」を村名に贈った。里人は皇后の名をそのまま地名にするのはおそれ多いとして、皇后の御退座にちなみ、「間人」と書いて「たいざ」と読み伝えたといわれている。彼女の滞在を記念したこの像は、受けた恩を忘れぬように、そして里人がいつまでも優しい心をなくさないようにと願い、間人の海を見守るように優しくたたずんでいる。

立憲パートナーズ